エロイプサイトを利用すると、お気に入りの相手を見つけてメールを送ります。この最初のメールを「ファーストメール」と言いますが、その書き方次第で女性からの返信率が大きく変化します。女性からなかなか返事が貰えない人は、女性に「返信してみよう」と思わせるファーストメールの書き方を考えてみましょう。

そこで、どんなファーストメールにすると女性からの返信率がよくなるのか。ここでは高感度を上げるファーストメールの書き方の基本を紹介します。ファーストメールに今から挑戦する人も、自分のメールに自信がない人も、役立ててみて下さい。

ファーストメールで伝えたいこと。

「この人ともっと話してみたい」と思われなければ、メール返信は期待できません。もしあなたがファーストメールを受け取ったら、どんな事が書かれていたら嬉しいですか?自分のどこに興味を持ってくれたのかが、さりげなく書かれていると女性としては嬉しいものです。あまり堅苦しくなく、押しつけがましくないメールには、気軽に返信してしまうものですよ。

忘れてはいけないメールの基本マナー

エロイプサイトだけではなく、どのような場合にも初めてメールを送る相手には気をつけなければならない事があります。それは一般的な常識があるかどうかです。どんな人かもわからない相手から、いきなり馴れ馴れしく話されたら、それだけで心証が悪くなるものです。

当然、これはエロイプサイトでも共通です。特に真面目な出会いを求めているなら、きちんと心遣いができる人だということをアピールしなければいけません。ファースとメールの返信率をUPさせるには、エロイプサイトにおいても一般的なマナーを心がけましょう。

気をつけたいファーストメールのタブー

初めての相手には自分をアピールするために、つい自分のことを色々を書いてしまいがちです。それは相手から見ると押しつけがましい、自己中心的な人という印象を与えてしまいます。当然、返事をしようという気持ちは減少します。自己紹介は大切ですが、「俺は…」「僕は…」と一方的に自分の存在をアピールするのは返信率を下げる要因です。

ファーストメールは自分を知ってもらうというよりも、お互いに興味を持つキッカケを作るものです。お互いに楽しく会話のキャッチボールができるよう、一方的にならない事を心がけましょう。

エロイプサイトの年齢認証とは

インターネット上に無数に存在する「エロイプ」のサイトを利用する男女の年齢は本当に幅広くなっています。特に「優良」と呼ばれる「エロイプ」のサイトになると一つにサイトに「登録」し
ている人の合計は百万や八十万人という正に圧倒的な人数になっています。

そんな人気のサイトにおいて登録者の年齢は、男女合わせて幾つくらいに集中しているでしょう。最も目に付く年齢は二十代前半から後半、それから三十歳代の前半から後半が年齢としては中心になっていると思われます。「エロイプ」は還俗として「未成年」と呼ばれる年齢の人は「会員」にはなれないのですが、この二十代前半の部分に十七歳や十九歳などの人達が密かに潜り込んでいる可能性は十分にあります。

その理由は「エロイプサイト」には身分証明書の提示が無くとも「会員」になれる「自主申告」の所も少なからずあるからです。「優良」と呼ばれる「エロイプ」のサイトでは運営側が登録者に対して「本人」ときちんと確認や証明できる書類や身分証明書などの提出があるのですが、それでも万全ではないです。

なぜなら「登録」してからサイトに掲載する自己紹介などに本当の年齢を書かないで、後からサイトのメールで知り合った相手に本当に年齢を教える事も可能だからです。この様に年齢に関しては様々な「抜け穴」があるので、サイトで見た相手の年齢に関しては最初から信じない方が賢明でしょう。

更に女性達の多くは少しでも自分を若く見せたいために年齢を低く申告したり、男性の場合は「若造」と女性達に舐められたくないので実年齢より上の年齢を提示したりする事も珍しくありません。ですが、この様な「ウソ」はサイトで知り合ってメールを交換していく内に必ずバレてしまいます。

上手く隠そうとしても互いの事を話題にしていけば、年齢に限らず「ウソ」は発覚するものです。なので後から相手に嫌な思いをさせたくないなら、最初から本当の年齢を偽らないで相手に教える事が良い関係になるには必要ですし、最低限のマナーだと思います。

実年齢より上や下なのを相手にずっと信じてもらうには相当の苦労があるので、本当なら年齢を偽らずにしてほしいのですが、やはり人として少しくらい「見栄」があるのが普通なのです。その為に今では「エロイプ」のサイトとして掲載されている年齢の半分くらいは信じない方が賢明だと思います。